太陽光発電の利用

太陽光発電の販売業者

トップ / 太陽光発電の販売業者

農地を太陽光発電に利用するには

現在においては、使われていない農地、つまり耕作放棄地が増加して社会問題となっています。2010年の段階で確認された日本における耕作放棄地の面積の合計は、何と40万ヘクタールにもなります。そこで、このような耕作放棄地を太陽光発電に利用しようという動きが活発化しつつあります。しかし、農地は法律による規制がかけられており、農業以外の用途に利用するには転用の手続が必要です。もっとも、2013年3月31日から、一時転用許可を農業委員会に申請すれば太陽光発電に利用することが可能になります。

太陽光発電システムについて

エコでクリーンなエネルギーとして太陽光発電が注目されています。石油などは将来的に枯渇してしまうことが予想されていますが、太陽の光は無限のエネルギー源とされています。家庭でも太陽光発電システムを導入すれば電気代を節約することが出来ますし、余った電気は電力会社に買い取ってもらうことが可能です。システムを導入するのに初期費用が負担となってしまいますが、導入費用も下がって来ましたので10年ほどで初期費用は回収することが出来ます。近年は電気の買取金額は下落傾向にありますので、早く始めた方がお得感があります。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.