住宅の探し方とは

住宅の購入をお考えの方へ

トップ / 住宅の購入をお考えの方へ

資産価値が下がり難い住宅とは

住宅の購入を検討する場合に、可能な限り資産価値が下がり難い物件を選ぶ事は重要な項目となります。資産としての減価が少なければローンを組んで物件を購入しても、何れ売却した際にその多くが手元に戻って来る事となるので、元金の返済が実質的な貯蓄になるというメリットがあるからです。その意味ではマンション物件の場合、築15~20年を境にして資産価値の減少が横ばいになる傾向にある事から、予め中古を狙うのが1つの方法と言えます。一戸建ての場合には、土地の減価し難い交通利便性の高い場所の物件が有利となります。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.