不動産購入に関して

不動産の購入時のローン

トップ / 不動産の購入時のローン

不動産購入の頭金の設定方法

一戸建て住宅などの不動産を購入するには高額な出費が伴いますし、ほとんどがローンを利用することになるため返済をラクにするために頭金を支払うケースが出てきます。しかし高額な出費とローンを利用することで、金利のほうが重要な部分となってきます。最低でも20年以上は返済していきますので、僅かな頭金は利息によってほとんど意味がなくなるのです。ですから不動産の購入におけるローンでは金利の条件が良いものを利用する必要があるのです。住宅ローンではほとんどが変動金利型を使用しますが、景気が低迷しているうちは返済を楽にすることができるのです。

不動産問題

住宅の購入頭金はいくら必要?

不動産の購入は高額になり、また長期間、多くの人にとって生涯、住むことから、ローンを利用して分割で支払っていくことが一般的です。住宅ローンには抵当権を付けますが、通常、一度住んでから売却するときの価額は、新築で購入するときの価額より低い=担保価値は、新築の購入価額より低いため、頭金は住宅価額の一割以上、多いほど望ましいとされていました。しかし、住宅ローンの額を、担保価値重視から返済能力重視、いくら返せるかに視点を変えれば、借入金の金額そのものの大小がポイントになります。一般論として借り入れが少ないに越したことはありませんが、不動産購入まで賃貸の家賃を払っていると、お金を貯めるのも容易ではありません。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.