不動産所得に関して

不動産所得を申告する

トップ / 不動産所得を申告する

不動産における青色申告について

不動産を個人で運用し所得を得た場合1年間に得た所得を計算し申告しなければなりませんがその方法として青色申告と白色申告の2つの方法があります。これ限ったことではありませんが前者には様々なメリットがあります。具体的に説明すると青色事業専従者給与は、適正顎を全額必要経費に算入できたり、青色申告特別控除として所得金額から10万円を控除でき、複式簿記の記帳者は65万円を控除できたり、貸倒引当金や退職金給与引当金などの繰入ができたり、特定の設備について特別償却を受けたり、耐用年数の短縮ができる等他にも様々なメリットがあります。不動産の確定申告は慎重に行いましょう。

不動産問題

不動産所得には青色申告

家賃収入があったら、1月1日から12月31日までの1年間を会計期間として、確定申告が必要です。家賃収入は不動産所得になりますが、税務署に申請をすることで青色申告をすることができます。青色で申告をすると、必要経費とは別に10万円(一定の条件で65万円)の青色申告控除が認められるほか、赤字が出たら、3年間、翌年以降の黒字から差し引くことができるなど様々な特典があります。たまたま入居率が少なかったり、大規模な修繕をして赤字になると、通常はその年は税金が要らないが、翌年以降は税金がかかります。青色にしていれば、翌年以降も、赤字を埋めるまで税金を納めなくてよいことになります。青色の条件は、毎年申告をすることですが、不動産所得は毎年所得の申告が必要なので、条件は必ず満たしています。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.