不動産の税金について

大切な不動産を活用する

トップ / 大切な不動産を活用する

相続した不動産をの売買の税金

不動産を売却したら、翌年の3月15日までに所得税の確定申告と納税が必要です。不動産の売却は、収入金額ではなく、売却額から取得費と譲渡費用を引いた利益に対してかかります。相続や贈与で取得した土地の取得費は、相続時の評価額ではなく、元の所有者が実際に買った価額です。代々の土地で、貨幣価値や土地の値段が全然違う場合や、買った金額がわからない場合は、概算取得費を使うことができます。概算取得費は売った金額の5%で、間違えやすい点は、買った金額がわかっていても概算取得費が有利な場合はそれを利用して差し支えありません。

不動産物件のローンについて

マンションなどやアパートなどを借りている場合にはローンの支払いはありませんが、その代わり家賃として貸主であるオーナーさんにずっと家賃を払い続けていく必要があります。庭付きの一軒家やマンションなどの不動産物件を購入すればローンの支払いはあるものの、自分の財産になるという大きなメリットがあります。しかし、不動産物件のローンを組む場合にはあまり無理をせず毎月の支払額も余裕を持って返済できるように設定しておきませんと、20年など毎月一定額を返済しなければなりません。将来を見据えた支払額を考慮する必要があります。

不動産担保ローン 大阪で検討中の方へ。
お得に利用するための優良な取り扱い会社をランキングで紹介しているサイトです。参考になります。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.