不動産の意味とは

不動産の意味を理解する

トップ / 不動産の意味を理解する

不動産の意味について

不動産の意味は文字通り不動で動かないというイメージがあるように動かない高価な資産つまり具体的には土地や建物のことを指します。逆のものをほぼ全て動産といます。一般的には土地やアパートやマンション等の売買や賃貸の仲介等を目的とした業者がこの言葉の代表的な存在であり誰でも一度は耳にしたことがあるでしょう。なんとなくは誰でも分かっていても本当の言葉の意味を知っている人は少ないでしょう。本当の言葉を知った上で業者と話をしてみればこれまでと違った視点で不動産の資産としての運用であったりやまた衣食住の住であったりと見えてくることがあるでしょう。

不動産問題

不動産の意味から価値を考える

土地や建物のことを「不動産」と呼びますが、実際にどのような意味なのでしょうか。読んで字のごとく「動かない財産」という風にとらえることができます。これは、車や家具などとは違って、動かすことができないということを表しています。つまり、庭木や池なども広い意味では含まれるといえます。この「動かせない」という特徴から、賃貸にしろ売買にしろ、不動産の価値は立地で決まると言えます。動かすことのできる動産とは違い、好きなところに動かすことが出来ないということは、どこにあるか、という立地が重要になるということです。

不動産の資格に関する情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.