不動産業とかかわる

不動産関係の仕事に就く

トップ

不動産業に関する資格について

不動産関係の仕事をする上で有利な資格はいくつかありますがまず最も有名なものと言えばやはり宅地建物取引主任者でしょう。これは土地や家屋の売買や賃貸の仲介等その取引に関する専門家として重視される国家資格の一つです。ここ数年では合格率が16%前後と決して簡単とは言えませんが四肢択一式50問で、試験を受けるのに年齢・性別・学歴・国籍等の制限は一切ないため10代での取得者もおり根強い人気があります。他にも不動産鑑定士や土地家屋調査士等ありますが合格率がいずれも10%以下で非常に難易度が高くなっています。そのため宅地建物取引主任者を目指す人が多いのです。

不動産問題

不動産での資格と言えば!

不動産業界で役に立つ資格と言えば、間違いなく「宅地建物取引主任者」です。この資格は、土地や建物等の売買や賃貸における重要事項説明において、法律でその登録証の提示をして説明をしなければならいことを義務づけられいて、この業界では「ステ−タス」と言えるものです。もちろん、2万から4万ぐらいの手当もつきます。また、名刺にも「宅地建物取引主任者」という形で表示されることがほとんどです。ちなみに、不動産業界でも、とても重宝されるものですが、「宅地建物取引主任者」は銀行や信用金庫等の金融業界でも取得を奨励される有意義なもので、就職や転職にも非常に有利です。

不動産の資格に関する情報

新着情報

© 不動産関係の仕事に就く. All rights reserved.