ドラムの防音室☆お役立ちガイド

近所迷惑にならずに楽しみたい

バンドを組んでいてドラムを担当していたり、趣味でドラムを楽しみたい方はドラムやバンドのための防音工事専門サービスを利用することです。ドラムをたたくのに近隣住民に迷惑かけずに練習するには、自宅の部屋を防音室に改造することをおすすめします。プロに任せて防音室にすればクレームが入ることもなくなります。貸スタジオをその都度借りるのと比較すると費用も安くなります。

ドラムやバンドの防音工事を行うのに大切なのは、低い音を外部に漏れないようにすることです。低音は非常に響くので外に伝わりやすくクレームになりやすいからです。しかしそこを意識してしっかりと遮音対策を行っていきます。

またドラムやバンドの練習で大切なのは、最高の音を出すことです。防音工事業者も様々なところがあるので、当サイトを参考にしてみてください。

阪神防音®

阪神防音®は非常に多くの実績を持ち、どのような防音室の工事であっても一級建築士と音響コンサルタントが対応します。ですから、ドラムなどの楽器を使う場合に防音工事を希望する場合も、適切な方法が期待できると言えます。

また、少人数の専門スタッフがいるので人件費が少なく、非常にたくさんの防音工事を行っているので一軒あたりの利益をうすくすることができます。そしてその結果、低価格で十分な防音室の工事が可能になると考えられます。

契約前には無料の見積もりや防音の体験が可能で、工事が行われた後は期限を設けずアフターフォローを行うことになっているので依頼しやすいと言えるでしょう。なお電話での問い合わせは平日の10時から19時となっています。

株式会社リブテック

ドラムを加えたバンド演奏では、防音対策が必須です。対策するにも音のパワーと振動のある楽器であるため、防音室を造ることがオススメです。株式会社リブテックでは、ドラム振動が室内全体を震わせることに着目し、床や壁、天井にこだわった工事を担います。バンド特有の響きにも対応してくれるために、アマチュアからプロまでが相談に訪れる評判のよい会社です。

株式会社リブテックでは、マンションならばDr-65dBの遮音保証、戸建てならばDr-60dBを保証した防音工事を担います。完成前には遮音測定をして保証値をクリアしていることを確認する徹底ぶりです。結果、25年の間に1000件以上の実績をあげるまでに成長しています。音響のプロから建築のプロ職人が籍をおくため、苦情が出ない防音レベルの防音室を提案してくれるのではないでしょうか。

平日9:00~18:00まで営業中である株式会社リブテックでは、全国各地での施工実績があり、また、施工したスタジオや防音室の見学もさせてもらえます。他にも、体験型ショールームも完備しており、バンド演奏用スタジオでは満足できる防音室であるのか、依頼前にチェックができ、もちろんDr-65dBの遮音性能です。

防音ファクトリー

防音ファクトリーはその名のとおり、防音室を造る専門の会社です。例えば、ドラムを演奏する部屋を造りたいという時に役立ちます。ドラムの演奏はどうしても周りに騒音被害をもたらしてしまうものです。だからこそ、ドラム防音室づくりをしましょう。

施工方法は明確で費用もリーズナブルです。まずは見積もりを取りましょう。ホームページにはプラン別の工事内容と参考価格が載っています。部屋の広さや造りなどによって音の響き方は異なるため、その点を調べてから工事となります。

施工実績も参考になります。ライブハウスをはじめ、ボーカルブースやドラムスタジオなど、様々なところからの依頼が殺到しています。一般家庭でもオーディオルームを造る際、ドラムセットを置くところもあるため、一般家庭からの依頼もあります。

防音ドラム.com

設計から施工、一般内装から商業施設に至るまで、内装施工を総合コンサルタントするのが【防音ドラム.com】です。本物にこだわり、夢・空間・設計をコンセプトに事業展開しており、騒音対策・遮音設計に加えて、防音工事も担います。ドラムなどの楽器演奏には、防音工事が必要になりますから、設計や施工、監理まで担うコチラがイチ押しです。もちろん簡易防音室の販売であったり、施工も相談可能で、予算内での相談ができます。

遮音性能や吸音、残響などの性能も気になる点で、使用する楽器や個人の感覚によって異なります。防音ドラム.comでは、ボックス・イン・ボックス構法を提案していますが、気になる場合には音体験も提供してくれるため、納得してから防音室を造ることができます。

工事期間も防音室により異なるものの、平均2~3週間という迅速対応です。性能・調整だけでなく、空間デザインにもこだわっており、コスパの高い防音室の提案をしてくれます。完全オーダーメイドにも応えるため、価格は目に見えないところに費用がかかることを事前に説明してくれます。コチラでは、ベーシックからプロフェッショナルまで、5つの防音プランから利得となる提案を行ってくれるのも安心要素です。

D.S.Pコーポレーション

D.S.Pコーポレーションは、ドラムなどの楽器の練習室から趣味のオーディオルーム、プロ仕様のリハーサルスタジオなどの防音工事に特化した設計施工を2009年から行っている専門家です。9:00~18:00までの営業時間なので、気軽に相談から話を進めることもできます。

自宅で生演奏をしたい、スタジオとしてMIX環境に耐える防音室を造りたいなど、様々なリクエストに応えるのがD.S.Pコーポレーションです。培ったノウハウから、他の楽器と比較すると低音が問題となるドラムについては、苦情のない快適空間を提供することに定評があります。例えば、壁・床・天井などの固体伝搬音を考慮した仕様などがあげられます。

施工内容はボックスインボックス構法というコンサートホールなどの公共建築にも採用されている構法を用いています。しかも標準仕様、なので高品質で低価格も実現できています。また、浮き彫りになる問題もうやむやにはしません。室内で出す音が近所迷惑にならないため、防音工事の設計をする者として、プロフェッショナル仕様など、室内音響にこだわった提案をしてくれます。

日本防音株式会社

日本防音株式会社は音漏れのない防音室を造ってくれる専門の会社です。例えば、自宅でドラムの練習をしたいという場合、ドラムセットの音はかなり騒音となってしまいます。しかし、防音室にしておけば近所に騒音による迷惑をかけることはありません。

また、防音室は戸建てはもちろん、マンションにも対応できます。夜間でもドラム演奏をすることは可能です。フルパワーでドラムを思う存分、叩けるようにするためにも防音室にすることは必須と言えるでしょう。木造の古い家屋でも対応しています。

それから、工場騒音対策も行っています。騒音測定や音響調査も行っているので、騒音に関する悩みを抱えている場合にはすぐに相談してみましょう。騒音のレベルに合わせて防音室づくりも違ってきます。

ドラムを利用する場合に防音室を作ろう

バンド活動でドラムをたたいている人にとっては、自宅での練習も重要なものになっています。毎回スタジオで練習ができればよいですが、必ずしもそのような場面ばかりではありませんので自宅で練習は必須といえるかもしれません。ただ、自宅で練習すると周りに音が響いてしまいます。そこで、防音室をつくることにより音漏れを最小限に防ぐことができるようになるでしょう。ただ、業者にお願いをするとそれなりのお金がかかってしまいますのでなかなか大きな負担になることは避けられないと感じる人もいるはずです。そこで、自分で防音室をつくる方法もありますので、その作り方を理解しておきましょう。まずは、素材を用意するところから始める必要がありますが、一番手っ取り早い方法でお金がかからないのは段ボールでつくる方法です。

段ボールでつくる方法は、通常の段ボールでは生地が薄いため音漏れをしてしまう可能性が高くなります。そこで、音漏れしないように厚めの段ボールを利用するのがよいでしょう。厚さ1センチぐらいのものを利用すれば、立てかけた時でも崩れないだけでなく音もれがしにくくなります。もし、防音室を作る場合には押し入れなどに作るのが一番です。押し入れの場合には、扉以外の三つの面に段ボールを張り付けるところから始めます。賃貸住宅の場合には、張り付ける時にくぎなど穴が開くものを使ってしまうと原状回復費用を余分に取られてしまいますので要注意です。それよりも、両面テープなどのようにはがしやすいものを利用するのが一番かもしれません。後は、扉側に段ボールを張れば8割方完成です。扉の隙間にも段ボールを貼り付けて、扉を閉じたときに完全に外に音が漏れるのを防止することも大事です。

段ボール以外では、ウレタンを使ったものがよいでしょう。ウレタンは、肌触りが柔らかいだけではなく防音機能も備えられていることが大きな魅力です。狭い空間の中で音を出す場合には、音が壁にぶつかりますが壁にぶつかったときに少しずつ音を吸収していくタイプのものが理想になります。それがウレタンになります。これを全面に張り付けておけば、少なくともドラムをたたいた時の音は人間の話し声程度までに小さくなる可能性が高くなるわけです。比較的簡単に手に入る素材として、赤ちゃんなどがいる家で使っているウレタン状のマットは加工しやすいだけでなく安い値段で手に入れることが可能になります。賃貸住宅で2階以上に住んでいる場合、それらを床に敷くことで下の住人に対しても音漏れを防ぐことが可能になるでしょう。

カテゴリー